TPMSとは

拡大するTPMS市場

TPMSは、アメリカで起こったタイヤバースト事故をきっかけに、タイヤの安全性に関して法規制が定められ、2007年9月(2008年モデル以降)以降に販売されるすべての新車には、TPMS装着が義務付けられています。
2012年から欧州、2013年から韓国でも装着が義務付けされ、日本や中国でもTPMSの法制化が見込まれています。
TP Checker(TPチェッカー)は株式会社オレンジ・ジャパンの登録商標です。

TPMSのアメリカ市場 販売実績と予測 TPMS先進国アメリカの現状と需要予測

アメリカのTPMS Orange Electronicセンサー需要予測

TP Checkerのセンサー部写真 2007年以降TPMSの装着が義務付けられたアメリカでは、年間約1300万台の新車(乗用車・小型トラック)が販売されています。
そのすべての自動車のタイヤにTPMS用にホイール内センサーが装着され、その数は毎年5000万個にも及びます。
センサー送信機は電池型バッテリーを内蔵していますが、電池寿命が切れたセンサーは順次交換しなければなりません。
つまり、新車用のOEM需要に加え、補修用・交換用としての需要も発生しているのです。
拡大していくTPMS市場の中でも、汎用性の高い製品をお届けしているTP Checkerの需要が伸び続けている理由です。

TPMSのアメリカ市場 占有率と予測 豊富な実績と蓄積データ

TPMS製品のアメリカ市場販売実績&予測、アメリカ市場におけるOrange Electronic占有率&予測データ 台湾オレンジ製のTP Checkerは、アメリカ市場を中心に、4輪・2輪車メーカーをはじめ、OEMとしてライン装着用に数多くの採用実績をもつとともに、リプレイス市場でも着実に採用実績を増やしています。その蓄積された豊富なデータを新製品の開発に活かし、これからも数多くのTPMS製品をお届けしていきます。

TP Checkerの充実した開発・サービス体制 充実したサポート・支援体制

Orange Electronicの世界拠点図、オレンジ・ジャパンの設備写真 TP Checkerの生産の拠点は台湾。
急拡大を続けるアジア市場にも優れたアクセスが可能で、日本にも近く、緊急時には技術者の即日派遣も可能な体制をとっています。
東京にあるR&D、ラボラトリーと連携し、お客様のニーズに応える製品開発・生産体制を確保。
台湾・日本に製品デポを持つとともに、現在、中国拠点の整備を進め、万全の生産・供給体制を整えています。
このため、国内部品メーカーと同等のサポート品質を保証しています。

日本向けTPMSシステム、TP Checkerの製造・販売元として、株式会社オレンジ・ジャパンでは、最先端の開発・解析設備を備え、トータルなアフターケア体制を構築。
メーカー様からのさまざまなカスタマイズニーズにも柔軟に対応。日本国内唯一のTPMSソリューション企業としてお客様のニーズにお応えしています。