TPMSとは

トラック用TPMS(HT430)導入効果(コスト低減)

トラック用TPMS(HT430)導入効果(コスト低減) 弊社TPMS関連製品中、トラック用TPMS(HT430)を導入した場合の効果を検証した資料をご覧いただけます。
資料の概要は以下の通りで、左の画像をクリックするとPDFファイルが表示されます。

◆1 安全面による効果(損失低減)概算
→ 2年間実走行による物損事故低減効果
◆2 作業効率化による効果(時間労務コスト)概算
→ 日常点検業務の効率低減効果
◆3 燃費悪化とタイヤ摩耗損失の防止効果
→ 適正空気圧維持による低減効果
◆1~3のTPMS導入効果 合計

TPMSは、車の安全性と省エネ効果を高める装置。

TPMS関連商品「TP Checker」とは Flash版 TPMS (Tire Pressure Monitoring System・タイヤ・プレッシャー・モニタリング・システム)とは、自動車のタイヤ空気圧を常時監視する装置のこと。
タイヤの内部に送信機を内蔵したセンサーを設置し、そのデータを無線でコントロールユニットへ送ることで、走行中でもタイヤ空気圧と温度を常時モニタリングし、設定した空気圧、温度より超過したり、低下したらドライバーに警告で知らせます。
TPMSは、アメリカで起こったタイヤバースト事故をきっかけに、タイヤの安全性に関して法規制が定められ、米国では2007年以降はTPMSの装着がすべての新車に義務付けられています。
欧州や韓国でも法制化され、日本や中国でも早急な法制化が見込まれています。
TPMSは、空気圧低下などを運転席に居ながら監視することが出来るため、空気圧の低下によるタイヤトラブルを未然に防ぎ、燃費の悪化を予防する、自動車の安全性の向上と省エネに非常に効果の高いシステムです。

安全性と省エネ性

空気圧・温度管理の必要性 TPMSが何故必要なのか?

タイヤトラブル事例

tpmsPic01 自動車用タイヤは、素材に使われるゴムの特性などにより、内部に充填した空気は少しずつ減少していきます。
これは、ゴム分子の微細な隙間から気体分子が透過してしまうためで、充填後約一ヶ月で約10%もタイヤの空気圧は下がってしまいます。
このため、運転者には自動車の運行前にタイヤの点検が義務付けられていますが、日本自動車タイヤ協会(JATMA)の2011年調査でも、乗用車系で約28.8%、貨物車系では約23.6%の車がタイヤ整備不良という調査結果もあります。
また、2012年のJATMA意識調査では月1回以上のタイヤの空気圧点検を行っていない人は64.4%いることが判りました。

タイヤの空気圧が適正値から低い状態になると、制動距離が長くなり、コーナーリング性能の低下、さらに、路面設置圧の低下により雨天時のハイドロプレーニング現象を起こしやすくなるなど、走行中の安全性に大きな問題が生じてしまいます。
また、路面抵抗が増えることで燃料消費率も悪化。
TPMSを装着することで、空気圧の低下を監視しタイヤトラブルの防止と燃費の悪化を防ぐことが簡単に出来るのです。

省燃料・タイヤの長寿命化 TPMSがタイヤの寿命を延ばす

空気圧不足がもたらす燃費とタイヤの損失シミュレーションのデータ

TPMSによるタイヤ空気圧モニタリングシステムは、タイヤ寿命の長期化や省エネに大きな効果をもたらします。TPMSによって走行中のタイヤの空気圧を感知し、常に適正空気圧を維持することにより、走行中のタイヤの変形を防ぎころがり抵抗を減少させることで、タイヤの負担を減らすことができるのです。
(財)省エネルギーセンターの調査によると、空気圧が低い状態(空気圧50kPa不足の2000cc乗用車)で走行すると、市街地で2.5%、郊外で4.3%、高速道路で4.8%燃費が悪化。その結果、路面抵抗も増加しタイヤの温度も上昇しトレッド面の磨耗も進みます。
さらに、タイヤの空気圧不足は、燃料を無駄に消費してしまうだけでなく、高速走行中のスタンディングウェーブ現象の発生やタイヤのパンク・バーストにも繋がります。また、衝撃によってサイドウォール部やビード部に損傷が及ぶ危険もあり、修理できない損傷を受ける危険性も高くなります。
TPMSを装着することによって、これらの重大なタイヤトラブルを未然に予防し、安全性の向上に加えて、燃料を節約し省エネ効果を高めることが出来るのです。

空気圧管理の重要性

TPMSをめぐる環境(世界的な法制化の現状と将来) TPMS装着の法制化は世界的な流れ

TPMSに関する国際規格の説明図

TPMSの装着は、米国市場で販売される新車について、2003年から法的に義務付けられ、2007年以降販売されるすべての自動車にタイヤ空気圧監視装置の装着が義務付けられています。
また、米国以外でも、EU28カ国で2012年11月から販売される新車にも法的規制が化せられ、韓国でも2013年から法規制が開始されます。
法制化の遅れている日本でも早急な法制化が見込まれ、中国市場でも2013~2014年には法的な規制が開始されると予想されています。

TPMSの装置も、2006年3月に国際試験規格であるISO規格が定められ、2010年6月に国際製品規格としてECE-R64が制定されました。
自動車製造国はもとより、各国で法規制が検討されています。
自動車市場のグローバル化により、TPMSの装着が義務化されていない地域でも、安全性の向上と省エネルギー性に効果の高いTPMSの装着義務化が進んでいくのは必然といえるでしょう。

ランフラットタイヤへの対応 ランフラットタイヤに必須のTPMS

走行中にタイヤの空気圧がゼロになっても、所定の速度内で一定の距離を走れるランフラットタイヤは、走行中のパンク時にも運動性が確保されるという新しいタイヤです。
パンク時にも修理工場までを想定した走行が可能なことから、スペアタイヤを廃止することが可能。
車重の軽量化や車内空間の向上、スペアタイヤ分の省資源などにも効果的で、タイヤ変形量が少なく省エネルギー性にも優れていることから、ランフラットタイヤを採用する自動車メーカーが急速に増えています。

その一方で、タイヤの空気圧が低くても外観から空気圧の低下を知ることが困難で、ドライバーも走行中のパンクに気が付かない恐れがあるため、ランフラットタイヤを装着する場合には、TPMSを同時に装着することが協定で定められています。
TPMSの装着によって走行中のパンクをドライバーへの警告が可能となり、安全性を確保するとともにタイヤの損傷を未然に防ぐことができるのです。